本文へスキップ

中小企業診断士のすすめは、中小企業診断士の仕事・資格・資格取得の方法などの情報を配信

中小企業診断士 資格取得

中小企業診断士2次試験/企業診断士のすすめは、中小企業診断士を目指す方たちへの応援サイトです。

中小企業診断士1次試験

第2次試験は、中小企業診断士に必要な応用能力を有するかどうかを判定することを目的とし、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例並びに助言に関する能力について、筆記および口述の2段階の方法により行なわれます。


 試験実施科目: 《筆記》 4科目《口述》筆記試験出題内容をもとに4〜5問出題

 試験問題形式:《筆記》各設問15〜200文字程度の記述式《口述》10分程度の面接



2







受験資格 第1次試験合格者
[第1次試験合格(全科目合格)年度とその翌年度に限り有効]
[2000年度以前の第1次試験合格者は1度に限り有効]
試験案内
および
申込書類の
配布期間
8月27日(金)〜9月17日(金)
申込手続き 8月27日(金)〜9月17日(金)
試験実施日 10月24日(日)
試験科目 試 験 科 目 時間 配点
午前 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 I 80分 100点
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 II 80分 100点
午後 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 III 80分 100点
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 IV 80分 100点
実施地区 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡〔2009年度〕
筆記試験結果発表 12月10日(金)



受験資格 当該年度の第2次筆記試験合格者
試験実施日 12月19日(日)
実施方法 中小企業の診断及び助言に関する能力について、筆記試験の事例などをもとに、個人ごとに面接
実施時間 約10分間
実施地区 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡〔2009年度〕
合格発表 2011年1月6日(木)
合格基準 筆記試験における総点数の60%以上で、かつ1科目でも満点の40%未満がなく、口述試験における評定が60%以上であることを基準とする。
受験料 17,900円(税込)〔2009年度〕
合格の有効期間 3年間
※口述試験を受ける資格は当該年度のみ有効であり、翌年に持ち越しすることはできません。



中小企業診断士のすすめ

 中小企業診断士 講座 ユーキャンの中小企業診断士講座  

教材、添削、サポートも全部あわせて月々5,900円!!

受講生の負担を軽減するため、“捨て問”を排除した教材!

手ごろな費用で質の高い専門指導が受けられます!

過去問を徹底分析し、重要度を3段階で明確化!


ナビゲーション